保険でできること

ライフイベントで選ぶ

お子様がうまれたとき

大切なお子様の未来を守るためにもいま一度ご自分の保険内容を確認してみましょう。
お子様が成人するまでの生活費や教育費、また万が一の保障についてもいま一度確認する必要があります。
奥様の場合、保険は妊娠中や出産直後には加入できないものもあります。
保険は妊娠するまえに準備しておくのが理想的です。

  • 正しい必要保障額をシュミレーション

    ご自分に万が一があった際、お子様が18歳になるまで公的な保障「遺族年金」が給付されます。
    ※遺族年金はご自身の加入公的年金の種類によって内容が変わります

    加入中の公的保険や配偶者の収入などを差し引き、残されたご家族が安心して生活できる保障額を無駄なく確保しましょう。

    万が一の保障はご主人だけではなく、奥様の保障も考えてみましょう。お子様が自分自身の身の回りのことができる年齢になるまではある程度の死亡保障を準備しておくことも大切です。

  • お子様の将来を考える

    幼稚園から大学卒業までを考えると、大きな費用が想定されます。
    ※公立・私立などによってかかる費用はかわってきます

    お子様の教育費は保険で備える方法があります。

    お子様の医療保障やがん保障はどうでしょうか?
    お住まいの地域によっては子供手当てや乳幼児医療制度などがあります。
    ※自治体によって詳細は変わります

    お子様がある程度の年齢になるまでは医療費があまりかからないと思う方がほとんどだと思います。
    ですが、お子様がもし入院した場合など仕事を休まなくてはいけなくなったり、食事を作る時間がなくなったり・・出費は増えるものです。

    お子様が小さいうちに保険に加入すれば、保険料も安く一生涯保障をもつことができます。
    お子様が成人した際に、契約者をお子様自身に変更し医療保険・がん保険のプレゼントをするのはどうでしょうか。

このホームページは、各種保険の概要についてご紹介したものです。
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をご確認ください。

ご不明な点はある場合には、代理店までお問合せください。

相談は無料!お気軽にご相談ください!

22社の中から専門家によるアドバイスを何度でも!