保険でできること

様々なリスクに備える

住宅・自動車の備え

建物・家財が火災・水災などにあったときの経済的な補償をするのが火災保険です。
自動車保険とは、自動車の利用に伴って発生しうる損害を補償する損害保険です。

必要な備え

  • 01
    火災保険

    火災保険は、一戸建てやマンション、ビルなどの”建物”と、建物の中にある家具や什器(じゅうき)などの”動産“を補償します。
    「火災保険」は、火事で家が燃えてしまったときに補償(保険金をお支払い)しますが、火災保険で補償される事故は”火災“だけではありません。
    例えば、雷が落ちて電化製品が壊れたなどの”落雷”による損害、台風で瓦が飛んでしまった場合などの”風災”による損害や、洪水で床上浸水した場合などの”水害”などの自然災害による損害や、排水管が詰まり床が水浸しになった場合の”水濡れ”、窓を割られて空き巣に入られたときの”盗難”などの日常生活における事故も補償されます。

  • 02
    自動車
    保険

    自動車保険では、相手の死傷に対する賠償額が自賠責保険の補償額を超えた場合に、その超過分に対して保険金額を限度にお支払いします。
    また、自動車保険では、自賠責保険では補償されない相手の車や物の損害、自分のケガや車の損害についても補償します。

このホームページは、各種保険の概要についてご紹介したものです。
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をご確認ください。

ご不明な点はある場合には、代理店までお問合せください。

相談は無料!お気軽にご相談ください!

22社の中から専門家によるアドバイスを何度でも!