保険でできること

様々なリスクに備える

病気やケガに備える

日本は国民皆保険制度があるため、原則すべての国民が健康保険に加入し
医療費の一部負担で治療をうけることができます。
しかしながら、差額ベット代や入院時の生活費、先進医療等、公的保険ではカバーできない
費用があり、それらも含めた費用に備えるための保障が医療保険です。

保険の種類

  • 01
    医療保険

    医療保障とは病気やケガでの入院時や手術時に給付金を受け取れる保障です。
    病気やケガで入院・手術をすると医療費がかかります。
    高額療養費制度がありますので、必ずしも高額な医療費がかかるわけではありませんが、入院の際の差額ベット代や食事代など治療費以外で負担する費用があります。
    過剰な医療保険の加入は必要ありませんが、
    医療費の負担を軽減するために民間の医療保険が活用されます。

  • 02
    がん保険

    がん保険とは、がんに特化した保険です。
    多様な特約やがん保険ならではの保障があり、がんの治療には非常に適した保障を受けることができます。

    主な保障
    • がん検診給付金
    • がん入院給付金
    • がん手術給付金 がん放射線治療給付金
    • がん先端医療給付金
    • がん通院給付金
    • がん治療給付金

    一生におけるがん罹患率が高い現代ではがん保険が役に立つ確立は高いといえます。

  • 03
    三大疾病
    保険

    悪性新生物(がん)、急性心筋梗塞、脳卒中の三大疾病を保障する保険です。
    三大疾病になった場合、所定の条件を満たしていれば一時金を受取ることができます。
    ※給付条件は各社に違いがあります

    三大疾病は、通常の病気と比べて死亡率が高かったり治療費が多くかかったりすることが特徴です。
    そのため早い段階で使い道が自由なまとまったお金を受け取れるのがこの保険です。
    三大疾病は、入院や治療が長期に及ぶことが多く、医療費や介護費が高額になりがちです。

    日本人の死因のうち三大疾患が占める割合

    三大疾病は通常の病気やけがよりも多くの費用がかかってくる可能性が高いため三大疾病保険が効果的です。

このホームページは、各種保険の概要についてご紹介したものです。
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をご確認ください。

ご不明な点はある場合には、代理店までお問合せください。

相談は無料!お気軽にご相談ください!

23社の中から専門家によるアドバイスを何度でも!