保険でできること

ライフイベントで選ぶ

住宅を購入したとき

住宅購入は人生の大きなイベントのひとつです。
これからの住宅ローンの返済や、購入したことで発生する固定資産税やリフォーム資金などに備えてる必要もあります。
また、万が一の際の必要保障額も変わってきます。

住宅購入時は、ご家族の夢の実現と同時に家計全体を見直す時期でもあります。

家計の見直し

  • 01
    団体信用
    保険の
    加入

    住宅ローンを組むと多くの方が同時に、「団体信用生命保険」に加入します。
    「団体信用生命保険」に加入すると、住宅ローンの債務者に万が一あったときや高度障害状態になったとき住宅ローンの残金の分の保険金が金融機関に支払われ住宅ローンを返済することができます。

    なお、弊社でローンを組まれた方(フラット35)は、「団体信用生命保険」は加入が必須ではありません。

    また「団体信用生命保険」に代わる、「収入保障保険」に加入する方もいらっしゃいます。
    ※「収入保障保険」に関しては、【万が一に備える】で詳しく説明しています。

    上記保険に加入していれば、「団体信用生命保険」と同じように住宅ローンの契約者に万が一あった場合や高度障害状態になった場合、住宅ローンの残金を保険金で返済することができます。
    その分、今まで加入していた死亡保障を削減できる可能性があります。

  • 02
    働けなく
    なった時に
    備える

    住宅ローン契約者に万が一があった際は、加入している団体信用生命保険や収入保障保険でローンの残金は完済されますが、それ以外のときはどうでしょうか。

    病気やけがで働けなくなった場合に給付金を受け取ることができるのが就労不能保険です。
    就労不能保険は、自宅療養も対象で長期にわたる就労不能をカバーできます。
    ※詳しくは【就労不能保険】で詳しく説明しています

    住宅購入と同時に様々なリスクを想定するのも大事なことです。

  • 03
    家計の
    節約

    住宅購入と同時に節約したいと思われる方が多くいらっしゃいます。

    節約するにはいろいろな方法がありますが、その中のひとつに毎月必ず支払いがある、固定経費の見直しがあります。固定経費としてよくあげられるのが、生命保険料です。

    いま一度、加入中の保険に関して内容を確認するのも節約につながるひとつでもあります。

このホームページは、各種保険の概要についてご紹介したものです。
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をご確認ください。

ご不明な点はある場合には、代理店までお問合せください。

相談は無料!お気軽にご相談ください!

23社の中から専門家によるアドバイスを何度でも!