保険でできること

ライフイベントで選ぶ

退職したとき

定年退職するころには、住宅ローンが終了していたりお子様が独立してるなど
自分に万が一あったときの必要保障額は少なくなります。
住宅ローンの返済やお子様の独立が退職後に重なる場合はそれらを考慮することが必要です。

医療保険も同様で必要保障額はライフステージによって変わります。
必ずしも現役時代と同じ保障を備えておく必要はありません。

ですが、実際退職後に生命保険や医療保険がどこまで必要なのか迷う方も少なくありません。
現役時代と同じくらいの死亡保障は必要ないと思う一方、
健康状態に不安を感じることも多く、保険の必要性を感じる機会が増えるからです。

退職後の各種保障

  • 01
    退職後の
    死亡保障

    退職後は、高額な死亡保障は不要となることがほとんどですが、配偶者への保障やご自分の葬儀費用の資金、相続対策といった目的で保障を考えることが必要となります。

    退職後の家族構成や、ご自分をとりまく状況などをきちんと考え
    本当に必要な保障を目的に合わせてもちましょう。

  • 02
    退職後の
    医療保障

    現在加入中の医療保険を見直す前に、退職後の社会保障でどこまで保障されるかを知る必要があります。

    もし入院や手術で医療費がかかったとしても「高額療養費制度」がありますので、実際の負担額は思ったより少ないと考えられます。但し、収入に応じて負担額は変わります。

    公的な健康保険で医療負担がどこまでカバーされるかを確認しましょう。

このホームページは、各種保険の概要についてご紹介したものです。
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をご確認ください。

ご不明な点はある場合には、代理店までお問合せください。

相談は無料!お気軽にご相談ください!

22社の中から専門家によるアドバイスを何度でも!