保険でできること

様々なリスクに備える

働けなくなったときの備え

家族の生活費・お子様の教育費・ローンなど借入金の返済・保険料・家賃など、
日々生活していくためには多くの出費が伴います。
もし病気やケガを負い、長期の治療をしなければいけなくなってしまった場合、
仕事をすることが難しくなります。
その場合、月々の収入は減り、上記の出費に加えて医療費などの負担もかかることになります。
そのような場合に備えるための保険が「就業不能保険」です。

必要な備え

  • 01
    就労不能
    保険

    病気やケガで長期間の入院や在宅療養をせざるをえない就労不能状態のときに、毎月お給料のように給付金を受け取ることができる保険です。

    もし、一家の大黒柱が、突然の病気やケガで働けなくってしまったら、家族の生活はどうなるでしょう。

    もしそのようなケースに陥ってしまった時は、療養により仕事ができないことによる収入減と、治療費を支払うことによる出費により、ダブルで家計が圧迫されてしまいます。
    このような収入減に備えることが就業不能保険の特徴です。

    働けなくなったときのリスクは「収入が減少するなかで医療費や生活費を支払わなければならないこと」です。
    しかし公的な医療保険制度を活用すれば、その保障で負担を軽くすることができます。
    傷病手当金や障害年金がそれにあたります。

    しかし公的な保障でもともとの収入を全てカバーすることは難しいといえます。
    働けない期間が長ければ長いほど収入はどんどん減ってしまいます。

    就業不能保険は前述したように働けなくなった場合、お給料のように毎月一定の額の保険金を
    受取ることができます。

    就業不能保険に加入していれば、その保険金をもとに収入の減少と支出の増加をカバーすることができます。

    いざというときに受取れる保険金額は、基本的にご自身の収入にあわせて決めることができます。

    またお子様が何人いるかや、住宅ローンがあるかどうかなどによっても保険金額は変わってきます。

    長期的な療養に対して毎月の安定した収入に不安を抱いてる方には効果的な保険です。

このホームページは、各種保険の概要についてご紹介したものです。
ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず「重要事項説明書」をご確認ください。

ご不明な点はある場合には、代理店までお問合せください。

相談は無料!お気軽にご相談ください!

23社の中から専門家によるアドバイスを何度でも!